ボーディングスクールでの支払い

subpage01

欧米では、経済力がある家庭は子供をボーディングスクールへ入れるケースが少なくありません。

ボーディングスクールは、昔は上流階級の子供が通っていた寄宿学校でした。

しかし、現在では、経済力がある一般家庭の子供が多く通っています。

アジアからの留学生も多いです。ボーディングスクールの魅力のひとつが、少人数制のクラス構成です。

少人数制なので、教師が個々の学生に対して丁寧な教育を行えます。

欧米の学校は、ディスカッションも盛んですが、少人数制だと深みのあるディスカッションが可能です。

高校留学の補足説明を致します。

教師のレベルも高く、生徒の能力に合った適切な指導が行われています。

ボーディングスクールは、更新が1年ごとです。


契約書には、授業料の金額と支払い条件が記載されています。


ボーディングスクールでは、生徒が多額の現金を持つことはなく、小遣いについては、親が決めた額を週ごとにもらいます。

教えて!gooについてお答えします。

学校の購買部では、日常生活に必要なものや、お菓子などをキャッシュレスで購入できます。


日本人留学生は、お金や自分の持ち物の管理が甘い人が多く、盗難の被害に遭う人も少なくありません。
経済的に豊かな家庭の子供が集まっている学校でも、注意を怠らないようにしないと、トラブルに巻き込まれることがあるのです。



自分の持ち物については、しっかりと責任を持って管理することが大切です。学校には規則があり、重大規則違反を犯した場合は、即退学です。


不適切な言葉を先生や職員に向かって言っても、退学の対象になります。