エリート養成校と呼ばれているボーディングスクール

subpage01

グローバル化が進む中、日本での教育に疑問を感じて子供を留学させる親が増えています。

最近、留学先として人気が上昇中なのが、ボーディングスクールです。
エリート養成校とも呼ばれるボーディングスクールは、広くて立派なキャンパスの中で多くの学生と寝食を共にします。

今探すならこちらのボーディングスクールの情報はすぐに役立ちます。

そして、少人数制のクラスで、学生の個性を尊重しつつ授業が行われます。
日本では、教師が教えて生徒がノートを取るというスタイルが一般的ですが、ボーディングスクールでは参加型の授業が行われます。少人数制のメリットは、教師が個々の学生に対して細かい配慮ができることです。
その結果、生徒の能力を伸ばすことができるのです。

OKWaveに関する情報収集をサポートします。

多くの教師が、大学院を修了し、教育者としての資質に優れています。

親元から離れて寮で生活する日本人留学生の中には、英語が不得意な人もいます。

しかし、下手な英語であっても、理解を示し、丁寧に指導してくれます。少人数制なので、勉強についていけない学生が取り残されるということがありません。

様々な国の留学生と交流できるので、国際感覚を身につけることができます。


ボーディングスクールは、施設も立派で、トレーニング設備や温水プール、スカッシュコートなどが揃っています。



音楽や演劇の発表に使われるシアターがある学校もあります。
ボーディングスクールでは、スポーツや音楽に対しての指導も熱心です。

音楽は、音楽の専門家から弦楽器や管楽器などの個人指導を受けることもできます。

対策方法

subpage02

まだ日本ではボーディングスクールという言葉が一般的ではないので耳馴染みが無い方が多いものです。ボーディングスクールというのは寮制の学校という意味があり、アメリカでは古くから一般的に用いられている言葉です。...

NEXT

身になる知識

subpage03

大学生になって、短期留学や交換留学で海外へ行く人は多いです。しかし、最近は、10代前半で海外へ渡る子供も増えているのです。...

NEXT

読めば解る

subpage04

欧米では、経済力がある家庭は子供をボーディングスクールへ入れるケースが少なくありません。ボーディングスクールは、昔は上流階級の子供が通っていた寄宿学校でした。...

NEXT

これからの留学

subpage04

ボーディングスクールはアメリカにあります。このスクールの方針は「個性を生かす」ことです。...

NEXT